新潟日報カルチャースクール

カルチャースクールについて

新型ウイルス感染症対策徹底のお願い 2022.02.07

保健所の濃厚接触者対応見直しに伴うさらなる感染症対策徹底のお願い

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 
すでに報道されております通り、新潟県は1月25日、保健所の濃厚接触者に関する業務を見直すと発表しました。
具体的には、①同居家族以外の濃厚接触者への連絡は自ら行う ②濃厚接触者は検査を受けずに10日間自宅で待機する というものです。
また、濃厚接触者を判断する際の基準として、症状がある場合は発症2日前以降、症状がない場合は検体採取日の2日前以降の接触状況として「同居か長時間の接触」「1m程度の距離でマスクをきちんと着用せず15分以上接触」などに該当すれば濃厚接触者と判断される、としています。
【参考】新潟県HP https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/kanyaku/noukousessyoku.html
 
万が一、ご本人が感染した場合、もしくは濃厚接触者であると判断された場合は、速やかに当教室までご連絡くださいますようお願い申し上げます。
メディアシップ教室TEL:025-385-7340
三条教室TEL:0256-33-0236
長岡教室TEL:0258-34-9606
上越教室TEL:025-523-3222
 
当スクールでは従前より、ご来館の際の、手指のアルコール消毒、サーマルカメラによる検温、マスクの常時着用などの感染症対策をお願いしておりますが、これに加え、濃厚接触にあたる可能性の高い次のような行動につきましても、十分にご注意くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。
 
●近距離で飲食しながら会話
●休憩室や更衣室などでマスクをせずに会話
 →リフレッシュコーナーなどで飲食をされる場合は、黙食の徹底をお願いします。
●近い座席で長時間過ごす
 →ドライブの車中などや食事には十分ご注意ください。
 
また、マスクにつきましては布製やウレタン製ではなく不織布製のものをあごかけや鼻出しなどはせず、正しい着用をお願いいたします。
 
皆さまには引き続きご面倒をおかけいたしますが、何とぞご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

新潟日報カルチャースクール

お知らせ一覧へ戻る